tech

DQLで手の届きにくいところをredashでなんとかする

DynamoDBを操作するとき、DQLの操作が難しかったり、GroupByができなかったり。SQLでできないところができなかったりすることが多い。redashを使えばそれもなんとかなったりします。

mauticをDockerで試したが…

OSS版のMarketoのようなマーケティングツールをDockerでインストールを試みたが一筋縄に行かなかった。

CloudWatch Logsで任意の文字列を監視し、メールで通知する

はじめにCloudWatch Logsで集めたログの中で任意の文字列(例えば、Errorとか、Criticalとか)が記載されていた場合、メールなどで通知させたい事がある。Node.jsをLambdaで動かす事で文字列監視を実装した。

Error running query: No index found for query. Please use a SCAN query, or set allow_select_scan=True opt allow_select_scan true

はじめにDynamoDBはiwazutoshiretaKVSだが、それを忘れてredashで実行しようとすると、当然ながらエラーになる。redashでDynamoDBのデータを見ようとした際、以下のようなエラーが出た

unsubscribeされてしまったcloudwatch (SNS)通知を検知する

AWSでcloudwatchで監視し、異常があったらSNSで通知する事はあるが、SNSではデフォルトで「配信停止(unsubscribe)する場合は、ここクリックしてね」とありがたいことに(?)記載されてある。誤って押されてしまうと、その後のメールが来なくなってしまうので、その検知について。

ZipFile length cannot exceed 4096 characters. For larger source use S3Bucket/S3Key properties instead.

ymlファイルをCloudFormationでデプロイした時、掲題のようなエラーが出た

mysqlのデータをembulkでBigQueryへ入れredashで確認する

BigQueryを使いたい事がある。mysqlからデータを取得するところをembulkを使う。embulkのインストール方法から簡単な使い方までまとめた。

Linux/Macで好きな容量のファイルを作成する

linuxのみならずmacでも指定した容量のファイルをしたいことがある。その方法を紹介。

docker版redash 運用でよく使うコマンドまとめ

データベースを可視化するのにredashはとても便利。しかし、運用を考えるといろいろ考えることがある。redashでよく使うオペレーションをまとめた。

HAproxyでHR構成を組む on AWS

DBサーバへ接続する際冗長構成を考慮することは一般的だが、レガシーなMySQLを使っている場合少し工夫が必要だ。今回はAWSで組むこととする。