aws

AWS Direct Connect

AWS Direct ConnectAWS Direct Connect経由のデータ転送のコストを各部門にどのように分配すべきか 仮想インターフェースを構成し、仮想インターフェースの所有者を部門のAWSアカウント番号に設定する 

Amazon Elastic Block Store(EBS)

 Amazon Elastic Block Store(EBS)の特徴EBSはマルチAZでのレプリケーションが利用できるEBSは他のリージョンにおいてレプリケーションを実施できるハードウェア専有インスタンスは同じAWSアカウントのインスタンスとHWを共有する可能性がある 

route 53

特徴エイリアスレコードは、1つのDNS名を別のAmazon Route 53 DNS名にマッピングすることができるAmazon Route 53 CNAMEレコードは、任意場所にホストされている任意のDNSレコードをさすことができる。

SQS

適切なソリューション(例)実行または分散および監査可能なビジネスの統制分散したセンサー群から、1時間に何千ものデータポイントを暗号化して収集など 

EC2

インスタンスの停止中に可能な作業セキュリティグループの変更詳細な監視の無効

CloudWatch

CloudWatch Logsエージェントがデフォルトでデータを送信する頻度5秒ごとCloudWatchの無料枠で受け取る事ができるメトリックアップデートの頻度5分受信および集計するデータの最小時間間隔1分

VPC

特徴各サブネットには、単一のAZにマッピングデフォルトでは、プライベートかパブリックかに関わらず、全てのサブネット間でルート可能VPC単一のVPCにパブリックサブネットが1つデフォルトで設定VPCを設置しないでEC2インスタンスを立ち上げる場合、サブネットの設定

RDS

高負荷対策Amazon RDS MySQL DBインスタンスで現在、利用可能な最大のインスタンスタイプで実行されているとする。DBインスタンスはCPUおよびネットワーク帯域幅に近いキャパシティで動作。今後、トラフィックが増加することを予想される。より多くのトラフィックを捌くアプローチ 

dynamodbへバルクインポート

dynamodbへまとめてデータを入れたい時がある。バルクインポートの手順を紹介

「徹底攻略AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト教科書」を読んだ

資格こそ取っていないが、AWSは常に触っている。試験を受ける受けないは別にして、知識をあるレベルまで引き上げる上で、試験用の本から多くのことを学ぶことができる。今回は「徹底攻略AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト教科書」を通じて得られた知識についてまとめた。