aws

EC2

インスタンスの停止中に可能な作業セキュリティグループの変更詳細な監視の無効

CloudWatch

CloudWatch Logsエージェントがデフォルトでデータを送信する頻度5秒ごとCloudWatchの無料枠で受け取る事ができるメトリックアップデートの頻度5分受信および集計するデータの最小時間間隔1分

VPC

特徴各サブネットには、単一のAZにマッピングデフォルトでは、プライベートかパブリックかに関わらず、全てのサブネット間でルート可能VPC単一のVPCにパブリックサブネットが1つデフォルトで設定VPCを設置しないでEC2インスタンスを立ち上げる場合、サブネットの設定

RDS

高負荷対策Amazon RDS MySQL DBインスタンスで現在、利用可能な最大のインスタンスタイプで実行されているとする。DBインスタンスはCPUおよびネットワーク帯域幅に近いキャパシティで動作。今後、トラフィックが増加することを予想される。より多くのトラフィックを捌くアプローチ 

dynamodbへバルクインポート

dynamodbへまとめてデータを入れたい時がある。バルクインポートの手順を紹介

「徹底攻略AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト教科書」を読んだ

資格こそ取っていないが、AWSは常に触っている。試験を受ける受けないは別にして、知識をあるレベルまで引き上げる上で、試験用の本から多くのことを学ぶことができる。今回は「徹底攻略AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト教科書」を通じて得られた知識についてまとめた。

CannotStartContainerError: API error (500): failed to initialize logging driver: failed to create Cloudwatch log stream: ResourceNotFoundException: The specified log group does not exist. status code: 400,

fargateでタスクを登録し、起動させた時エラーが発生。原因と対処をまとめる

EC2(Amazon Linux 2)のディスクサイズをオンラインで拡張する

EC2(Amazon Linux 2)のディスクサイズをオンラインで拡張する

RDSをawsコマンドで削除する

はじめにRDSをaws cliで削除したいことがある。認証さえ登録されていれば1行でできる。コマンド普通にdatabaseが消えるので要注意。aws rds delete-db-instance --db-instance-identifi

route 53をCLIで登録する

route 53の登録をコマンドで実行したい時がある。 コマンドをまとめる。