GAE(Google App Engine)を試した

はじめに

GAE(Google App Engine)を使い始めたので、一度ここで整理をした。

app.yml

これがGAEの根幹

使用する言語や、url /で受ける際に呼び出されるscript (この場合はmail.app)が書かれている。

scriptに書くこと

https://cloud.google.com/appengine/docs/standard/python/quickstart?hl=ja#mainpy

を少し終了し、編集した。

/ でリクエストされるとMainPageクラスが呼び出され、

/subでリクエストがくるとsunクラスが呼び出されるという簡単なページ。

アプリケーションのテスト

Googleのプラットフォームにあげる前に、自身の環境でテストをすることが可能である。

ちなみに、dev_appserver.pyはgoogle-cloud-sdkをinstallすればbinの配下に入っている。

デフォルトでこのdev_appserver.pyを実施した場合、localhost:8080に繋げればアプリケーションの試験が可能だ

http://localhost:8080/

デプロイ

GAEコンソール画面

デプロイされたことを確認できた。

ブラウザ確認

自動でブラウザが立ち上がり動作確認をすることが可能。