BigQueryのテーブルをコマンドで作成&スキーマ変更する

はじめに

embulkでtable作成オプションを有効にすれば、わざわざテーブルを作るコマンドを打つ必要すらないけど、とはいえbqコマンドでいろいろできたら楽。ということでテーブル作成と変更の手順をまとめた。

テーブル作成

jsonファイルを作成する

jsonファイルを用意して、bqコマンドで作成する

Table ‘***:logs.mytable’ successfully created.

と表示されたら成功。

ブラウザで確認すると、問題なく作成されている。

スキーマ変更

 

lesson_date2を追加し、bq update コマンドを実施

Table ‘****:logs.mytable’ successfully updated.

となれば成功

無事カラムが追加された

テーブル定義をdumpする

当然このformatを読み込ませることができる

パーティションテーブルを作成する

JSONはスキーマ情報のみ。パーティションテーブルの指定はbqコマンドのオプションで行う。

パーテョションテーブル作成

Table ‘****:logs.cccc’ successfully created.

 

Facebook Comments