Linuxでのswap解放

はじめに

気がついたらswapを喰っていることがある

この場合は90624 used.

memoryに抱えきれなかった領域がストレージにdumpされてしまったようだ。ストレージがSSDだったとしても遅いのだが、これがHDDだったりすると阿鼻叫喚だ。

まず先にやること

一時的にswapをオフにして、再度オンにする。

ただし、swap outしている領域よりもmemoryが十分に空きがある必要がある。

他にもアプローチはあることはあるが、

これで解放できなかったらOS再起動を考えた方が手っ取り早い。

 

Facebook Comments