CloudWatch Logsで任意の文字列を監視し、メールで通知する

はじめに

CloudWatch Logsで集めたログの中で任意の文字列(例えば、Errorとか、Criticalとか)が記載されていた場合、メールなどで通知させたい事がある。

Node.jsをLambdaで動かす事で文字列監視を実装した。

通知先の作成

まずはSNSでメールの宛先から作成しARNを控え、エンドポイントとなるメールアドレスを設定する。 

node.js(lambda)

関数コードを編集

 

ERROR、CRITICALという文字列があったら監視するスクリプト

 

トリガーを設定

今回はCloudWatch Logsがトリガーとなるので、CloudWatch Logsを選択し、その後対象のログを選択する。

 

通知先の設定

Amazon SNSのARNを選択する(予めSNSでトピックを作っておく必要がある)

以上

Facebook Comments