unsubscribeされてしまったcloudwatch (SNS)通知を検知する

はじめに

AWSでcloudwatchで監視し、異常があったらSNSで通知する事はあるが、SNSではデフォルトで「配信停止(unsubscribe)する場合は、ここクリックしてね」とありがたいことに(?)記載されてある。

チーム開発しているとSNSの通知先がメーリングリストにしていると、誤って押されてしまうと、その後のメールが来なくなってしまう。

配信停止(unsubscribe)を押された場合検知はさっくり作れたのでそれをまとめる

手順

awsコマンドとjqコマンドをうまく組み合わせる

結果

unsubscribeされたメールドレスや、TopicArn情報などを確認することができる。

ちなみにチャットワークに通知する場合は以下の通りシェルでラップする

 

Facebook Comments