Linux/Macで好きな容量のファイルを作成する

はじめに

一定の容量のあるただのファイルを作成したいことがたまにある。例えばwordpressのupload容量を変更した際の動作テストを行ったりとかが一例。linuxのみならずmacでもddコマンドで簡単に作成することができるのでその方法を紹介。

ddコマンド

linuxもmacも共通の手順はこちら(macで実施した際のログ)

80Mの空ファイルが作成される。中身は/dev/zeroなので、からっぽ。

上記例ではcountはバイト単位になる。

 * 1024 * 1024 * 80 = 83886080
で80MByteという計算。

ただし、189.533890 secs とあるように、3分以上かかっている。

これは1回に読み書きするブロックサイズ(bsオプション)が1になっているため。

この値を1 -> 1024に変更すれば理論上は1024倍高速になる。

bsを1 -> 1024に変えてみた

作成されたファイルは同じく80Mだが、0.375389 secsで完了した。

bsが1の時と、1024の結果を比較した結果、504倍高速になったが、理論上の1024倍には届かなかった(残念だがそうゆうもんだ。。)。

意外と知られていないddの使い方

実はddで送った結果を直接他のサーバに送りつけることもできる。

DISKの中身を強制的にddコマンドで吸い上げ、他のサーバにイメージとして保存することもできる。今はDocker含むコンテナ全盛期の時代だが、KVMなどを使えば、吸い上げたイメージを元に仮想サーバとして動かすこともできる。

参考記事

https://qiita.com/S-T/items/8de3c150c7097bd021fa


Facebook Comments