gitで間違えたブランチに書き込んだ際の対処

 

gitで間違えたブランチに書き込んだ

一度退避させた後、ブランチを切り替えて、退避した変更を引き継ぐというやり方。しょっちゅう使っているコマンドの一つ

今回はmasterブランチに書き込んだとする

変更点を退避する

git stashコマンドを使うと、変更点のみ退避することが可能

 

この時点でgit statusを実行すると変更点がなくなる。
書き込んだmasterブランチはクリアーになる

新ブランチを作成

本来作業したかったブランチを作成する
今回はCloudWatchAlarmというブランチとする
ここではcheckout -bオプションで作成と同時にgit branchを行う

当然この時点ではgit statusを実施しても変更はない

ブランチは存在している

新ブランチに変更点を取り入れる

git stash popコマンドで新ブランチに変更点を取り入れる

まとめ

 

Facebook Comments